医院ブログ

2018.08.06更新

洋光台のうら歯科では下記の日程にて夏季休暇をいただきます。

皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

8月21日(火)から28日(火)まで

投稿者: うら歯科医院

2018.07.17更新

洋光台の歯医者さん、削らない歯医者・うら歯科です。酷暑が続いております。皆様いかがお過ごしでしょうか?こまめに水分補給をしていただき、どうぞ体調の管理には充分置きをつけいただければと思います。

この度、うら歯科で下記の日程にて臨時休診となります。患者様にはご不便をおかけいたしますがご理解のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

7月25日(水・臨時休診)26日(木・通常休診日)

投稿者: うら歯科医院

2018.06.29更新

Den矯正システムとは

噛み合わせや、歯並びの事でお悩みの方も多いかと思います。

「針金のようなものをつけて目立つのはいや」「食事しづらくなるのでは?」といった不安から矯正治療に踏み切れない方をたくさんお見かけいたします。

洋光台の歯医者さん、うら歯科ではそういったお悩みを抱えていらっしゃる方のためにDEN矯正システムと呼ばれる矯正治療をお勧めしています。

den矯正

DEN矯正システムは透明のマウスピースを装着して歯並びをなおして行きます。そのため従来のようなワイヤーを取り付けることもなく目立たずに歯並びや噛み合わせの調整をしてくことができる画期的な治療方法となります。年齢を問わずこの治療方法は可能ですので、一人で悩まずどうぞお気軽に洋光台の歯医者さん、うら歯科までご相談ください。

 

投稿者: うら歯科医院

2018.06.05更新

洋光台の歯医者さん、うら歯科です。日々夏が近づいていることを実感しつつ洋光台地域の皆様のお口の健康に貢献すべく、歯科診療を毎日行っています。

このたびうら歯科では下記の日程にて臨時休診となります。皆様にはご不便をかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

6月15(金)ー18日(月)まで

投稿者: うら歯科医院

2018.05.22更新

洋光台の歯医者、うら歯科医院です。

皆さんは歯周病という病気を一度は耳にしたことがあると思います。年齢とともにその羅患率は高くなります。30 代の約8割に歯周組織に所見がみられるとも言われています。「口が臭い」「歯茎がぶよぶよして、出血しやすい」「歯肉がむずがゆい、痛い」などの症状がある方は歯周病にかかっていると思ってほぼ間違いはないです。

歯周病とは歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を支えている骨を溶かしていく怖い病気です、歯を支えている骨が溶けてしまうとどうなるか?当然、その歯は抜け落ちてしまいます。こうなる前にお口の中に違和感を感じたらぜひ、当院を受診されてください。初期段階であれば比較的かんたんな治療で済む場合もございます。

どうぞお気軽に当院にお問い合わせをいただき、受診されてください。生涯ご自身の歯で食事を。当院の願いです。

歯周病の怖さ

 

投稿者: うら歯科医院

2018.05.08更新

洋光台の歯医者、うら歯科は医療法人となっており、東京の亀戸にも傘下の歯科医院がございます。「亀戸 アイリス歯科」と言うこちらの歯科医院では、患者さんが気軽に通えるよう痛みの少ない治療を重視した女医による診療を行っています。都内にお引っ越しの方、都内勤務の方はぜひこちらの歯科医院もご利用ください。

 

亀戸 アイリス歯科のロゴ

 

亀戸 アイリス歯科のホームページはこちらから

投稿者: うら歯科医院

2018.04.10更新

洋光台の歯医者さん、うら歯科です。

ゴールデンウィーク

うら歯科では安心して長く使える入れ歯の治療を初め、様々な新しい歯科治療を取り入れて患者さんにとって最善の歯科治療を提供しています。ゴールデンウィークの診療は、カレンダー通りとなっています。

お休み中はご不便をおかけいたしますが、急な痛みなどは地域歯科医師会の休日診療などをご利用頂ければと思います。どうぞよろしくおねがい致します。

投稿者: うら歯科医院

2018.01.17更新

歯周病とは

歯周プラーク(歯垢)の中の歯周病菌が、歯を支える歯ぐきや骨に炎症を起こし、徐々に周りの組織を破壊していく細菌感染症です。歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し、歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします。痛みなどの自覚症状がなく進行するので、別名サイレント・ディジーズ(静かなる疾患)と呼ばれ、症状が進行すると歯を支える骨(歯槽骨)を溶かし、やがて歯が抜けてしまう原因になります。

歯周病の原因お口の中にはおよそ300~500種類の細菌が住んでいて、普段あまり悪いことをしませんが、ブラッシングが不充分だったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面につきます。これを歯垢(プラーク)と言い、粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。この歯垢1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、むし歯や歯周病をひき起こします。歯周病には、不十分な歯みがきや歯ぎしり、かみ合わせが悪い、といったお口の問題だけでなく、喫煙、ストレス、不規則な生活習慣などが関係しています。つまり、歯周病は生活習慣病の一つなのです。

歯周病の予防・治療現在では、歯周病は予防でき治療も可能です。 大切なのは予防、診断、治療、そしてメンテナンスです。以前は「不治の病」とさえ言われていた歯周病も、現在では進行を阻止することが可能となり、健康をとりもどせます。まず、歯周病の原因は歯垢ですから、それをためない、増やさないことが基本です。

 


      1. 正しい歯みがきを毎日念入りに実行する
    
歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておくことが何より大切です。当院ではポイックウォーターを併用することをお勧めしています。
      2. 定期的に歯科医に通う
歯医者は虫歯になってから通うだけのものではありません
    「予防歯科」といって、定期的に歯や歯ぐきの状態をチェックしてもらうことにより、虫歯や歯周病を予防できます。
      3. 歯科医師の指導に沿って治療を受ける
    
傷んだ歯肉、骨を治療して健康に近い歯肉にすることです。途中でやめずに歯科医師が「これで大丈夫でしょう」と言うまで、治療に通ってください。
      4. 治療後のメンテナンス

    健康の保持のため歯科衛生士による専門的なクリーニングなどのメンテナンスを定期的に受けることも大切です。

 

ポイックウォーターについて

洋光台の歯医者さん、うら歯科では歯周病予防のためにポイックウォーターの使用をお勧めしています。

ポイックウォーターとはタンパク分解型除菌水で虫歯や歯周病の増殖を抑えて予防するものです。血液中にある、免疫成分の次亜塩素酸(HCLO)という成分と同じものです。
不純物を極限まで取り除いた「超純水」と純度99.9%の「塩」を混合し「電気分解」した、薬品を全く使用しない殺菌水なので安心してご使用いただけます。
市販されている洗口液は、薬品を使用し殺菌力を高めていますが、効果・安全性はポイックウォーターの半分程度しかありません。なぜなら、市販の洗口液はプラーク(タンパク質汚れ)を分解する能力が少ないからです

※POIC (ポイック) Professional Oral Infection Control
専門的口腔感染症予防を意味し、タンパク分解型除菌水とも言います。

投稿者: うら歯科医院

2018.01.05更新

本年度の診療を本日より開始しております。

削らない治療を目指して、洋光台地域の皆様のお口の健康に役立つため本年度も最新の歯科治療を提供していきたいと考えています。洋光台の歯医者さん、うら歯科を本年もどうぞよろしくお願い致します。

投稿者: うら歯科医院

2017.12.09更新

洋光台の歯医者さん、うら歯科です。

洋光台の歯科医院として地域密着型で、この地域の皆様のお口の健康を守り続けています。当院ではドックベストセメント(Doc's Best Cement)と呼ばれる「削らない治療」を心がけています。
痛くない、削らない、洋光台の歯医者としてこれからも地域の皆様のために最善で最新の歯科治療を心がけていきたいと思います。

ドックベストセメント(Doc's Best Cement)とは

従来虫歯できたときは、その部分を削るという治療方法がほとんどでした。ドックベストセメント(Doc's Best Cement)治療は、虫歯部分を削らずに、虫歯を残したまま治療を行います。

え?そんなことして大丈夫なの?

虫歯の部分をドックベストセメント(Doc's Best Cement)で無菌化し石灰化し治癒をしていきます。ですので歯を削る必要もなく、自身の歯の寿命を伸ばす治療方法として注目されています。削らず、治す。それが現代の虫歯治療のひとつの選択肢です。虫歯でお悩みの方は、どうぞお気軽に洋光台の歯医者さん、うら歯科までお問い合わせください。

ドッグベストセメント

投稿者: うら歯科医院

前へ

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のお悩みなら横浜市磯子区にある、うら歯科医院にまずはご相談ください。

  • 診療時間 9:00-12:00 14:00-19:30 045-776-1322
  • アクセス・診療時間