医院ブログ

2018.01.17更新

歯周病とは

歯周プラーク(歯垢)の中の歯周病菌が、歯を支える歯ぐきや骨に炎症を起こし、徐々に周りの組織を破壊していく細菌感染症です。歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し、歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします。痛みなどの自覚症状がなく進行するので、別名サイレント・ディジーズ(静かなる疾患)と呼ばれ、症状が進行すると歯を支える骨(歯槽骨)を溶かし、やがて歯が抜けてしまう原因になります。

歯周病の原因お口の中にはおよそ300~500種類の細菌が住んでいて、普段あまり悪いことをしませんが、ブラッシングが不充分だったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面につきます。これを歯垢(プラーク)と言い、粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。この歯垢1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、むし歯や歯周病をひき起こします。歯周病には、不十分な歯みがきや歯ぎしり、かみ合わせが悪い、といったお口の問題だけでなく、喫煙、ストレス、不規則な生活習慣などが関係しています。つまり、歯周病は生活習慣病の一つなのです。

歯周病の予防・治療現在では、歯周病は予防でき治療も可能です。 大切なのは予防、診断、治療、そしてメンテナンスです。以前は「不治の病」とさえ言われていた歯周病も、現在では進行を阻止することが可能となり、健康をとりもどせます。まず、歯周病の原因は歯垢ですから、それをためない、増やさないことが基本です。

 


      1. 正しい歯みがきを毎日念入りに実行する
    
歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておくことが何より大切です。当院ではポイックウォーターを併用することをお勧めしています。
      2. 定期的に歯科医に通う
歯医者は虫歯になってから通うだけのものではありません
    「予防歯科」といって、定期的に歯や歯ぐきの状態をチェックしてもらうことにより、虫歯や歯周病を予防できます。
      3. 歯科医師の指導に沿って治療を受ける
    
傷んだ歯肉、骨を治療して健康に近い歯肉にすることです。途中でやめずに歯科医師が「これで大丈夫でしょう」と言うまで、治療に通ってください。
      4. 治療後のメンテナンス

    健康の保持のため歯科衛生士による専門的なクリーニングなどのメンテナンスを定期的に受けることも大切です。

 

ポイックウォーターについて

洋光台の歯医者さん、うら歯科では歯周病予防のためにポイックウォーターの使用をお勧めしています。

ポイックウォーターとはタンパク分解型除菌水で虫歯や歯周病の増殖を抑えて予防するものです。血液中にある、免疫成分の次亜塩素酸(HCLO)という成分と同じものです。
不純物を極限まで取り除いた「超純水」と純度99.9%の「塩」を混合し「電気分解」した、薬品を全く使用しない殺菌水なので安心してご使用いただけます。
市販されている洗口液は、薬品を使用し殺菌力を高めていますが、効果・安全性はポイックウォーターの半分程度しかありません。なぜなら、市販の洗口液はプラーク(タンパク質汚れ)を分解する能力が少ないからです

※POIC (ポイック) Professional Oral Infection Control
専門的口腔感染症予防を意味し、タンパク分解型除菌水とも言います。

投稿者: うら歯科医院

2018.01.05更新

本年度の診療を本日より開始しております。

削らない治療を目指して、洋光台地域の皆様のお口の健康に役立つため本年度も最新の歯科治療を提供していきたいと考えています。洋光台の歯医者さん、うら歯科を本年もどうぞよろしくお願い致します。

投稿者: うら歯科医院

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のお悩みなら横浜市磯子区にある、うら歯科医院にまずはご相談ください。

  • 診療時間 9:00-12:00 14:00-19:30 045-776-1322
  • アクセス・診療時間