歯を失ってしまった方へ

入れ歯治療

歯を抜いた場合やすべて失った場合に使用するのが入れ歯です。
素材によっては目立たないものや着け心地が自然なものもあります。

1.入れ歯治療とは

入れ歯は「違和感がある」「噛みづらい」「邪魔である」と思う方も多いかもしれません。しかし、技術と経験のある歯科医で入れ歯治療を行えば、このような悩みはほとんど出ることはありません。
なお、サイズが合わない入れ歯を長期間使用していると、お口のトラブルはどんどん広がります。今使っている入れ歯に何か違和感や不快感を感じる場合は、ぜひご相談ください。

2.入れ歯のメリット

入れ歯の最大のメリットは、インプラントやブリッジとは違い、キレイに生えている健康な歯や歯茎を削ることなく治療できることです。インプラントは人工の歯根を顎の骨に埋め込みます(その際、歯と歯の間が狭い場合などは、多少健康な歯を削る場合もあります)し、ブリッジははめ込む両隣の健康な歯を削る必要があります。当院でおすすめしている入れ歯は、強力な磁石でしっかりと固定するものなので、健康な歯に負担をかけることはありません。
また、入れ歯はインプラントと違い、保険が適用されますので、価格面でもメリットが大きいでしょう。

3.入れ歯のデメリット

反対に入れ歯のデメリットは、バネを使った入れ歯だと、両側にある健康な歯に負担を与えてしまうことです。入れ歯を使えば使うほど、バネに振動が伝わりますので、健康な歯であっても徐々に弱まってしまいます。
また、サイズの合わない入れ歯を使っていると、歯と歯の間に食べかすが溜まりやすくなるため、虫歯になりやすいのもデメリットの1つです。

当院の総入れ歯について

歯を失ってしまった方の為に総入れ歯(総義歯)をご提案しております。当院の入れ歯で特に注意していることは患者さんが実際に入れ歯を使用した時に違和感無く自然の歯で食べ物を噛んだり、笑って頂いたりして頂けるように精密でずれない総入れ歯をご提供を行なっております。

ずれにくい入れ歯を作成する為には、技工所との密な連携がとても大切です。常に患者さんを意識しながら当院では技工所とタイアップを組み、患者さん一人ひとりにしっかりフィットする入れ歯に仕上げていきます。歯を全て失ってしまった方や今入れ歯を使用していて入れ歯がうまく合わなかったりする方もまずはお気軽にうら歯科医院までご相談ください。

その他の入れ歯の種類

1.部分入れ歯

歯がなくなった部分だけを補う入れ歯です。両隣の歯に金属のバネをかけるため、健康な歯に多少の負担をかけてしまいます。

2.磁性アタッチメント

磁石で固定する入れ歯です。歯根に磁性金属を入れ、入れ歯側に小さい磁石をセットするので、強力な磁力でしっかりと固定され、噛み心地は抜群です。また、金属のバネを使う入れ歯ではないので、見た目も自然です。
取り外しも簡単で、部分入れ歯と総入れ歯があります。

3.コーヌスデンチャー

今ある歯に金属冠を被せ、その金属冠に精密にフィットする入れ歯を被せることで固定する入れ歯です。当院では、このコーヌスデンチャーに磁性アタッチメントを装着することで、フィット感と安定感をより高めた混合義歯を制作しています。

4.ノンクラスプデンチャー

プラスチック系のナイロン素材を使用した、弾力性のある新しいタイプの入れ歯です。薄くて軽い仕上がりと違和感のない着け心地が特徴です。また、金属バネがないため、自然な仕上がりになります。

インプラント治療

当院では、「神の手を持つドクター」と呼ばれる卓越した技術を持つインプラント専門医による、精度の高いインプラント治療を行っています。治療前には、パンフレットや模型を使って治療方法などを説明しますので、安心して治療を受けることができます。

1.インプラント治療とは

インプラントとは、失ってしまった歯の部分にチタン製の
人工歯根を埋め込み、その上からセラミック製の人工の歯を被せる治療方法です。天然の歯と変わらない噛む力と見た目の美しさ、違和感のないつけ心地から、人気が高いです。
入れ歯やブリッジを使っていて違和感のある方や、満足した食生活を送れていない方などは、ぜひ一度ご検討ください。

2.インプラントのメリット

インプラントの最大のメリットは、天然の歯と変わらない「噛む力」を手に入れられることです。入れ歯やブリッジは、残された歯で噛む力を補うため、どうしても「噛む力」が弱くなってしまいますが、インプラントは人工歯根を埋め込むために強度も補えるので、天然の歯と変わらない「噛む力」が実現します。
また、インプラントは天然の歯と同等の美しい見た目を実現できるので、審美性が高いこともメリットの1つです。

3.インプラントのデメリット

反対にインプラントのデメリットは、保険が適用されない治療のために、価格が高いことが挙げられます。数本のみの治療であれば数十万円でおさまります。
また、インプラントは人工の歯根を埋め込むため、外科的な手術が必要になります。

4.インプラント専門医のご紹介

津山泰彦 先生

九州大学歯学部卒業後、三井記念病院歯科口腔外科医局に入局され、日本を代表する口腔外科医である寶田博先生に師事されました。そして現在は、三井記念病院歯科口腔外科部長の要職にあります。そのほかにも、東京大学医学部付属病院、近畿大学医学部付属病院形成外科病院講師など、大学病院での豊かなご経歴をお持ちです。

津山先生は、業界ではとても有名なインプラント専門医で、これまで2,000本以上の手術症例を持っています。通常なら1時間かかるようなインプラントの難症例も、30分以内で完璧な処置をすることから、「神の手を持つドクター」とも称されています。

インプラントは骨に植立する治療のため、ある程度の骨量が必要です。通常、上顎の臼歯部など薄い骨になりやすい部位には、他部位からの骨移植や人工骨補填剤が必要ですが、津山先生は必要としません。このように、メンブレンや人工骨を用いない神の手を持つドクター・津山先生の歯槽骨再生療法には定評があり、全国各地で講演会やライブオペなどの講師も務めています。

当院のインプラント治療は、この十分な実績と豊かな経歴、確かな先進技術を持つ津山先生がすべて行います。さまざまな理由でインプラントを諦めている方も、この機会に当院にお越しくだされば、必ずそのお悩みを解決できると信じています。

略歴
三井記念病院 歯科口腔外科部長
日本先進インプラント医療学会(常任理事・認定医・指導医)
日本口腔外科学会(評議委員・認定医・指導医)
日本病院歯科協議会(理事)

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のお悩みなら横浜市磯子区にある、うら歯科医院にまずはご相談ください。

  • 診療時間 9:00-12:00 14:00-19:30 045-776-1322
  • アクセス・診療時間