診療案内

一般歯科

主に虫歯の治療を中心に行います。
虫歯は早期発見・治療が大切です。少しでも歯に違和感や不快感を感じたら、早めにご来院ください。レーザーによる痛みや出血の少ない治療を行っています。

1.虫歯治療

虫歯は、お口の中にいる虫歯菌が出す酸により、歯が溶けてしまう病気です。一度虫歯になってしまった歯は自然治癒することはなく、放っておくとどんどん悪化し、最悪の場合は大切な歯を失うなど日常生活に支障をきたしてしまいます。当院では、健康な歯質を削ること無く、最大限残すことができるカリソルブ治療も行っております。

なお虫歯は、下記の表の通りC0〜C4の5段階で進行していきます。

進行段階症状の特徴治療方法
C0(脱灰) 歯の表面が少し溶けている状態。 痛みはなく、歯の表面に白濁が見られます。 正しい歯磨きやフッ素塗布により治療します。
C1(歯の表面の虫歯) 歯の表面が少し黒くなっている状態。 まだ痛みがないことがほとんどです。 虫歯部分を削り、詰め物をします。
C2(歯の内側の虫歯) 歯の内側にまで虫歯が進行している状態。 冷たいものや甘いものを口に入れると、しみたり痛んだりします。 虫歯部分を削り、詰め物をします。
C3(神経の虫歯) 歯の神経にまで虫歯が達した状態。 激しい痛みを伴います。 神経を取り除き、被せ物をします。
C4(歯根の虫歯) 虫歯が歯根まで達した状態。 神経が死んでいるために痛みは感じませんが、菌があごの骨まで達して膿むことがあります。 最悪の場合は抜歯し、入れ歯やブリッジ、インプラントで歯の機能を補います。

2.歯周病治療

歯周病は、細菌によって歯周組織が破壊されていく病気です。細菌が入り込んで歯周組織を壊していき、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまいます。
歯周病の特徴は、痛みなどの自覚症状が出るのが遅く、「歯茎の腫れがひどい」「歯がグラグラする」などの異変に気付いたときは、症状がかなり悪化している場合がほとんどです。

日本では、歯周病にかかる人がとても多く、成人の8割以上が罹患しているか予備軍と言われています。また、最近はお子さんの患者さんが増えているのが現状です。

当院では、塗るだけで歯垢・歯石の除去ができるペルソルブという最新の薬剤を導入しています。

歯周病の症状と進行について
歯肉炎
症状 歯周病菌が出す毒素によって、歯肉に炎症が引き起こされている状態。
歯磨きで出血することがあります。
治療法 毎日の丁寧かつ正しい歯磨きで治すことができます。
歯科医院で正しい歯磨きの指導を受けましょう。
初期の歯周炎
症状 歯肉炎が悪化して歯周炎になると、歯槽骨や歯根膜などの歯周組織が徐々に破壊されます。歯肉がさらに腫れてブヨブヨし、口臭も気になりはじめます。
歯磨きをすると、血や膿が出ることが多くなります。
治療法 毎日正しい歯磨きをすると同時に、定期的に歯科医院でプラーク・歯石除去を受けることで、徐々に改善されます。
中程度の歯周炎
症状 歯周ポケットがさらに深くなり、歯がグラグラしてきます。歯肉が赤紫に腫れあがり、「食べ物が噛みにくい」「口臭が強くなった」「歯肉が下がって歯が長く見える」など、明らかな異変が見られます。
治療法 この段階になると、歯磨きやスケーリングだけでは進行を抑えることは難しいため、フラップ手術などの外科的処置が必要になることもあります。

※フラップ手術とは…歯肉や歯茎を切開し、歯周ポケット内に深く入り込んだプラークや歯石などを取り除く手術です。歯科医が歯周ポケットの奥深いところまで目視できるので、徹底的にプラークや歯石を取り除き、キレイに仕上げることが可能です。

ドックベストセメント

ドックベストセメントとは、アメリカで開発されたミネラル成分を含んだ特殊な歯科薬剤です。安全性の高い持続的な殺菌力を利用して、虫歯菌が今以上に増えるのを防ぐ歯の環境を作ります。

1.ドックベストセメント治療について

ドックベストセメントを使うことで、歯を削らず、神経を抜かずに治療することができるのですが、これは本当に画期的なことです。
これまでの虫歯治療では、高速タービンを使って虫歯を大きく削ってきました。しかし、この治療方法は、穴を空けた部分から目に見えない細かなヒビがたくさん入ってしまうので、そこにプラークや歯石が溜まり、新たな虫歯の原因になっていました。
また、歯は神経を抜くことで寿命が大きく縮まるので、神経を抜いた歯は、将来的に抜歯することが多かったのです。

こうした歯の健康を損なわないためにも、ドックベストセメント治療は、人間の歯に新しい可能性を見出してくれました。

ドックベストセメント療法の6つの特徴
  1. 1なるべく削らない
  2. 2ほとんど痛くない
  3. 3歯が長持ちする
  4. 41〜2回の短期治療で良い
  5. 51回の治療時間が短い
  6. 6神経を抜くリスクが減る

※歯の状態や治療方法の選択により、多少異なります。

ドックベストセメント治療のメリット・デメリット
メリットデメリット
余分な歯を削らない すべての虫歯・歯痛に効くわけではない (成功率は80〜90%)
神経を残す確率が上がる
歯の寿命が長持ちする
治療時間・通院回数が減る 自費治療扱いである(※)
殺菌力が高く、再発しにくい
歯周病の改善にも繋がる

※ドックベストセメント治療は、保険が効かない自費治療扱いになりますが、保険治療である「削る虫歯治療」の費用とさほど変わりません(神経を取る治療になると、逆にドックベストセメント治療のほうが安くなる場合もあります)。
費用についての詳細は、ぜひお問い合わせください。

予防歯科

虫歯予防の基本は、毎日の正しい歯磨きです。
当院では、年齢やお口の状態によって異なる正しい歯磨きの方法を、歯科衛生士が丁寧に指導しています。

1.フッ素塗布

歯の表面のエナメル質を強化し、虫歯を予防する効果のある「フッ素」を歯の表面に塗布して、虫歯に強い歯にする予防処置です。
特に乳歯や生えたばかりの永久歯に効果が高いと言われています。

2.ルートプレーニング

スケーリングで削ったデコボコの歯の表面を、そのままの状態ではプラークや歯石がつきやすいため、なめらかに仕上げることです。
凹凸がなくなった歯面は歯石がつきにくくなるので、虫歯を防ぎます。

3.レーザー治療

レーザー治療器の導入により、従来よりも痛みや出血、不快感の少ない虫歯治療ができるようになりました。治療時間も短縮され、麻酔や投薬の量を減らすことも可能なので、妊婦さんや心臓のペースメーカーをお使いの方も治療を受けられます。

レーザー治療の効果
痛み、出血、歯茎の腫れをおさえる
高精度な根管治療
知覚過敏の低減
口内炎の治療
歯周ポケット内の消毒・殺菌(歯周ポケット掻爬)
抜歯後の痛みの軽減
歯茎の黒ずみの除去 など

レーザー治療は、軽度の歯周病に効果があります。歯周ポケットに入り込んだプラークや歯石は、毎日の歯磨きだけでは完全に除去できません。「歯周ポケット掻爬」は歯肉に麻酔をし、専用の器具を使ってプラークや歯石を除去する治療方法です。

4.PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

専用の機械によって、歯の表面についたプラークや歯石などを取り除く歯のクリーニングです。専用の器具とフッ素入りペーストを使用して、歯と歯の間など、歯磨きでは届かない部分の汚れを除去していきます。痛みはなく、歯周病治療や虫歯予防にも効果を発揮します。

PMTCの流れ

STEP1口腔内の状態をチェック

歯と歯茎の状態、付着しているプラーク・歯石の量など、お口の中の状態を確認します。

STEP2プラーク・歯石除去

専用の器具を使ってプラークや歯石を取り除き、お口の隅々までキレイにします。

STEP3ステインクリーニング

空気・水・研磨パウダーを圧縮したものをスプレー器具で歯の表面に吹き付け、ヤニや茶渋などの着色をキレイに落とします。

STEP4ポリッシング

フッ素配合の研磨剤を使って、歯の表面やすき間を丁寧に磨きます。

STEP5仕上げ

仕上げに歯質を強化するフッ素を塗布します。

5.定期検診

虫歯はある程度まで進行しないと、痛みなどの自覚症状が現れません。異変に気付いたときにはかなり悪化していて、大がかりな治療が必要になってしまった……そんな経験をされた方はいませんか?
痛い思いをすることなく、いつまでも健康な歯を保つためには、毎日の歯磨きはもちろん、歯科医院で定期検診を受けることが大切です。

当院では、虫歯などの治療を終えた患者さんに、定期検診のお知らせをするハガキの表面に、ご自宅の住所やお名前などを手書きしてもらっています。そのハガキは、定期検診を受ける目安となる約4ヶ月後にご自身で記載した住所に届けられます。ハガキが届いたら、お口の健康を長く守るためにも、ぜひ定期検診を受診してください。

小児歯科

小児歯科は、乳歯の生えはじめ~永久歯に生え替わりの時期のお子さんが対象で、虫歯の予防と治療がメインとなります。また、永久歯を正しい位置に導くための事前処置も行います。
この時期に歯の健康の基礎を築き、正しい噛み合わせや丈夫な歯を手に入れて、お子さんを健やかな成長に導きましょう。

1.虫歯予防に必要な食育について

お子さんの虫歯予防の基本は、毎日の歯磨きと定期検診、それに加えて最近では「食育」が注目されています。歯を含む身体全体が健やかに成長するためには、さまざまな栄養をバランス良く摂取することが大切です。

2.おやつにはルールを設けましょう

お子さんは、おやつが大好き! しかし、砂糖がたっぷり使われているおやつを、お子さんが欲しがるだけ与えてしまうことは、虫歯のできやすい口内環境を作ることに繋がっています。
「一日に決まった量だけ与える」「食べた後はすぐに歯磨きをする」など、ご家庭でルールを決めることが大切です。

 

3.お子さんの成長にあわせた歯磨きの方法

乳児期~生後8ヶ月

湿らせた布で食べカスをやさしくふき取ってあげましょう。歯ブラシを使った歯磨きは、まだ必要はありません。

1歳~

1歳を過ぎたら、乳児用の歯ブラシを使って歯磨きをしてあげましょう。
この時期はまだ、赤ちゃんのお口の中には虫歯菌が存在していません。お父さん・お母さんから虫歯菌が感染するのを防ぐため、お箸やスプーンを共有するのは絶対にやめましょう。

3歳~

歯磨きに慣れさせる時期なので、3歳を過ぎた頃から、お子さん自身で歯磨きをさせてあげましょう。
ただし、歯磨き後は必ずお父さん・お母さんが仕上げ磨きをしてあげてください。

5歳~

5歳を過ぎると、だんだんと上手に磨けるようになってきます。この頃から、自発的に食後に歯磨きをする習慣をつけさせましょう。
あわせて、歯科医院で正しい歯磨き指導を受けるのも大切です。

6歳~

「6歳臼歯」という大きな奥歯が生えてきます。この歯は溝が深く、虫歯になりやすい傾向があるため、仕上げ磨きを十分に行ってあげてください。
また、虫歯の予防処置であるシーラントも検討しましょう。

4.小児虫歯の予防

フッ素塗布

乳歯や生え替わったばかりの永久歯に対し、歯の表面のエナメル質を強化し、虫歯を予防する効果のある「フッ素」を歯の表面に塗布して、虫歯に強い歯にする予防処置です。

シーラント

生え替わったばかりの奥歯は溝が深く複雑な形をしているため、食べカスなどがはさまりやすく、虫歯になりやすいです。シーラントは、奥歯の溝をあらかじめ歯科用プラスチック樹脂で塞ぎ、食べカスが入らないようにする虫歯の予防処置なので、歯磨きが得意ではないお子さんなどにはおすすめです。

歯医者を怖がらない子にするために

「歯医者さん」というと嫌がったり怖がったりするお子さんは多いものです。しかし、定期的に歯医者に通って予防処置や早期治療を行うことは、乳歯を虫歯から守り、健康なお口と体を育てるためにとても大切なことです。
そこで必要なのは、親御さんからお子さんに、虫歯がないことは「かっこいいこと」「かわいくなれること」だと教えてあげることです。親御さんが無理やり歯医者に連れて行くのではなく、お子さん自身がその気になって歯医者に通うことが一番のポイントなので、歯医者に通って虫歯を治療するメリットを、優しく教えてあげましょう。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のお悩みなら横浜市磯子区にある、うら歯科医院にまずはご相談ください。

  • 診療時間 9:00-12:00 14:00-19:30 045-776-1322
  • アクセス・診療時間